後期高齢者医療制度
 75歳以上の方を対象とした新しい医療保険制度です。

  平成20年4月から、「老人保険制度」に代わり、「後期高齢者医療制度」が新たに創設されました。
  受けられる医療給付は、老人保健制度と変わらず、これまで通りです。

運営主体は広域連合

  制度の運営主体は県内の全ての市町村が加入する「広域連合」です。
  市町村は、各種の申請・届出の受付、保険料徴収等の窓口業務を行います。

後期高齢者医療制度の被保険者

  被保険者は、次のいずれかに該当する方です。

1 75歳以上の方(75歳の誕生日から)
2 一定の障害がある65歳以上の方(市町村に申請し、広域連合の認定を受けた日から)
保険証の交付

  「後期高齢者医療被保険者証」が1人1枚交付されます。
  平成20年4月からは、この保険証を医療機関の窓口に提示してください。


  詳しくは、「新潟県後期高齢者医療広域連合」までお問い合わせください。


  「新潟県後期高齢者医療広域連合」
の公式サイトはこちら


  建築国保では後期高齢者医療制度に移行する組合員について、組合員資格のみ継続できる「特例制度」を設けました。

特例制度に加入された場合のメリット
1 74歳以下の家族が引き続き建築国保組合に加入できます。
(75歳以上の組合員が特例制度に加入された場合、74歳以下の家族の方は従来通り建築国保の保険給付と保健事業を利用できます。)

2 75歳以上の組合員の方は下記の保健事業を利用できます。
(ただし、保険給付は利用できません。
  
  ○人間ドック健診(補助)金
  ○インフルエンザ予防接種(補助)金
  ○肺炎球菌ワクチン予防接種(補助)金
  ○支部研修旅行(補助)金
  ○広報の発行



保険料案内 新規加入案内 保険給付案内
保健事業案内 支部一覧情報

トップページ


サイトマップ リンク メールでのお問い合わせ 個人情報保護(PDF)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader(日本語版)」が必要です。
お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。
Get Adobe Reader

新潟県建築国民健康保険組合