特定健診・特定保健指導


  特定健康診査


  メタボリックシンドロームの該当者、予備群を早期に発見する為の健診です。


  特定保健指導


  特定健康診査の結果、特定保健指導の対象になった方は、
  その人にあった生活習慣の改善指導を受けられます。


  対象者


  40歳から74歳までの全被保険者。


  受診券


  特定健康診査を受診するときは、この受診券と被保険者証が必要です。
  毎年度4月以降に当該年度の受診券を交付します。


  利用券


  特定保健指導を受けるときに必要です。
  対象になる方には特定健康診査受診後に組合から交付されます。


  一部負担金


  自己負担はありません。


  受診方法


  @市町村が行う特定健康診査を受診
   ※これまで市町村が実施しているがん検診等については、
    居住する市町村にお問い合わせください。

  A個人または集団で健診機関等において特定健康診査を受診
   集団:支部が人数を取りまとめて行う。

  B健診機関等で人間ドックを受診
   ※人間ドックの検査項目の中には特定健康診査の検査項目も全て含まれています。



メタボリックシンドロームとは?


 運動不足、食べすぎ、喫煙等、不健康な生活習慣によりおなか周りに脂肪が過剰に付く内臓脂肪症候群型肥満のことで、「高血糖、高血圧、脂質異常」のうちの危険因子を2つ以上持っている状態です。
 この状態は放っておくと、動脈硬化症や脳卒中、心疾患、糖尿病等、いわゆる生活習慣病を発症する危険が高くなります。




特定健診・特定保健指導の第二期実施計画(PDF)


人間ドック契約健診機関(PDF)


特定健診実施機関(PDF)



トップページ 保健事業案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader(日本語版)」が必要です。
お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。
Get Adobe Reader